無排卵性月経と不妊の関係サイト

スポンサードリンク

正しい月経とは?

月経周期が25〜38日の場合は、正常です。

月経周期が39日以上の場合、医学的には稀発月経といいます。ただし、周期が90日を超えた場合は無月経になります。

稀発月経はホルモン分泌の異常が原因で、排卵がある場合とない場合の2つのタイプがあります。

排卵があれば妊娠も可能なので、月経周期が長くても特に心配はありませんが、問題なのは無排卵性の稀発月経なんです。

放置しておくと無月経になるおそれもあります。妊娠を望むのであれば、できるだけ早く治療を受けることが必要になります。

経血の量は、量が多いときでも、2時間に1度程度ナプキンを替えれば普通。

量が多くて、ナプキンが1時間ももたない場合は、過多月経です。

また量が少なく、ナプキンが不要なくらいは、過少月経です。

無排卵性月経の症状

初潮があって、しばらくの間の月経は無排卵性月経なのが普通です。

大人になってからも無排卵性月経はおきることもあります。

ストレス、精神的な悩みから来る心因性から、またはホルモン系の病気から考えられます。

排卵を毎月する人、排卵しない月が時々ある人、無排卵の人、人それぞれです。

いつも無排卵だと困るりますけど、時々でも排卵すればいいですね。妊娠できますから。

排卵があれば基礎体温表には低温期と高温期になり、2層に分かれます。

しかし、排卵が無ければ2層には別れず低温期のままなんです。

基礎体温を測らなければわかりません。基礎体温を測るのは面倒くさいですね。朝起きる前に測らなければいけないですし。

でも産婦人科を受診する際には、役立ちますし一度自分の体を知るためにも基礎体温をつけたらいいですね。

無排卵性月経と不妊の関係

もし妊娠を希望している場合、無排卵性月経の疑いがある方はどうしたら良いでしょうか?

もしかして不妊なのかもて、思っていませんか。

治療をすれば、妊娠は夢ではないですよ。

なかなか産婦人科に行くのは勇気がいります。でも思い切って行って見て下さい。受診した帰り道は、行って良かったときっと思えるはずだから・・・

30歳をすぎると焦ってくるかと思います。周りからも”赤ちゃんまだ?”て言われることが多いから。

なるべく早めに受診して下さいね。

その時は、基礎体温を持っていくと何かとスムーズに診察ができます。

基礎体温を持っていなかった場合、2,3か月つけてまた持ってきて下さいて、言われることがありますから。

基礎体温表は、大事です!!

不妊ではなく妊娠するための治療です。無排卵性月経ぐらいに負けたくありません。

スポンサードリンク